NPO法人松江サードプレイス 事業プロジェクト

サ研の活動のメインは“プロジェクト”です。
これまでのサ研例会で話し合った中から生まれたプロジェクトです。
メンバーの中に、このプロジェクトに取り組みたいと手を挙げた人がリーダーとして活動していきます。
人がいて、プロジェクトが生まれます。
プロジェクトへの採用は、その事業が「こころ豊かな松江市民社会」を構築するにプラスの事業であると判断した時、プロジェクトとして動き出します。

1.雨の日の松江プロジェクト(リーダー/須山広子)
私たちは、平成21年12月に動き出した任意の組織で、当時から「雨の日松江」の良さを観光客にアピールする必要性を検討していました。
平成23年6月には“だんだん傘”“縁雫傘”“カクテル縁雫”等の活動を、平成24年6月にはライブ事業などの活動を行いました。
だんだん傘縁雫傘
2.“ニューオーリンズ”プロジェクト(リーダー/池尻由香)
松江市と友好都市を締結している“ニューオーリンズ”の音楽と文化の紹介ならびに、小泉八雲(ラフかディオ・ハーン)の軌跡を探究します。
今年度は“リトルマルディグラパレード”やライブ、物販、フード、写真展を実施しました。
ニューオーリンズ音楽ライブ
3.“ツリーハウス”プロジェクト(リーダー/勝田幸利)
出雲かんべの里に、森を活用した“てんぐの森広場”建設計画を策定し、現在建設中で、年々拡充させていきます。
この事業を通じて、双樹学園(児童養護施設)の子どもたちと交流をし、子どもたちのサードプレイスづくりを進めています。
4.ゆる ゆると。“サ研の愉快な仲間たち”プロジェクト
昨年4月から1年間、毎日新聞島根版、毎週火曜日にメンバーが担当して“私のサードプレイス論”を執筆しました。掲載された“ゆる ゆると。”も見ていただくことができます。
3月で終了しますが、この精神を生かしてブログ-研究員たちの日々-を会員交代で始めます。お楽しみください。
5.“まつえ縁雫”プロジェクト(リーダー/横山紫織)
松江女子高等学校の国際観光科の生徒を中心に、生徒たちの観光プランを卒業してから具体化するプロジェクトです。神戸夙川大学院大学主催の「観光甲子園」で2度のグランプリを受賞。
6.まつえ茶ふぇプロジェクト(リーダー/北原則夫)
松江市内の商店や観光施設に自然に人が集まり、自然に話が始まる場、「まつえ茶ふぇ」を生み出し、観光客や地元高齢者のコミュニケーションの場を創出します。
7.松江を謳うプロジェクト(リーダー/山崎美沙)
今年度開催した「雨の日の松江」「そうでない日の松江」ライブを来年度も内容を新たにして開催します。4名のアーティストから松江へのメッセージを人々に伝えます。
8.音楽で元気にプロジェクト(リーダー/山本恭司)
ミュージシャン・山本恭司がふるさと松江の福祉施設を慰問し、音楽で高齢者「元気」を届けます。
9.“スクールMARIKO”プロジェクト(リーダー/浜田真理子)
「ふくしま」をテーマにプロジェクトFUKUSHIMA!と連動して、松江市で「スクールMARIKO」を開催します。
ミュージシャン浜田真理子を中心に、原発のこと、自分の住むまちについてみんなで学ぶ会です。
10.つなぐ旅ふらりプロジェクト(リーダー/中尾禎仁)
尾道-松江線が開通するにあたり、山陽と山陰の人・もの・情報の基盤づくりと交流のきっかけとなるプロジェクトを実施し広域的なサードプレイスを生み出します。
11.幸運のポストプロジェクト(リーダー/江角直記)
インターネットの普及によって、手紙を書くことが少なくなってきたこの時代に改めて、手紙を書くことを推進するキャンペーンを、カラコロ工房に設置されているピンクの幸運のポストから発信します。
12.“スクールおがっち”プロジェクト(リーダー/小片悦子)
韓国のことをもっと知って、日本のことも理解してもらって、お隣さん同士がよりよい関係になっていけたら、との思いで、市民間の交流を進めます。
13.きらきら子育ちプロジェクト(リーダー/中村和可子)
子どもたちが松江をフィールドに伸び伸びと駆け回り、健やかに、そして松江を大好きに育ちますように。
まずは、「スポーツ鬼ごっこ」の普及を通して子どもたちの心身の豊かな成長をめざします。